TitanFXの入金方法の評判!入金手数料、入金までの日数、入金時の注意点。入金方法は何を選ぶべきか?を徹底解説

  • 「TitanFXの入金方法には何があるの?」
  • 「TitanFXの入金方法で選ぶべき方法は何?」・・

TitanFXを利用するのであれば、気になるところは「入金方法」です。今回は、TitanFXの入金方法の評判、、入金手数料、入金までの日数、入金時の注意点。入金方法は何を選ぶべきか?について解説します。

TitanFXの入金方法

TitanFXの入金方法には

  1. クレジットカード(デビットカード)による入金
  2. bitwalletからの入金

の2種類が用意されています。

「あれっ、海外銀行送金による入金、はできないの?」

残念ながら、現在、TitanFXでは最もポピュラーな入金方法である「海外銀行送金での入金」ができません。今後、利用できる可能性はありますが、現在はできないので注意が必要です。

実際に電信送金(海外銀行送金による入金)を選択すると

— 恐れ入りますが、現在、ご利用いただけません —

と出てきます。

「NETELLER、Skrillへの入金はできないの?」

こちらも、日本人投資家向けにはサービスを停止しています。

実際にNETELLER、Skrillを選択すると

こちらのサービスは現在お住まいの国または地域ではご利用になれません

と出てきます。

つまり、利用できるのは

  1. ・クレジットカード(デビットカード)による入金
    ・bitwalletからの入金

の2種類のみなのです。

クレジットカード(デビットカード)による入金

クレジットカード(デビットカード)による入金とは

クレジットカード(デビットカード)でショッピングするときと同じように、クレジットカード(デビットカード)で入金する方法です。

通常のネットショッピングと同様に管理画面で、クレジットカード情報を入力することで入金が完了します。

利用できる国際ブランドは

  1. MasterCard
  2. VISA
  3. AMEX

の3種類になります。

クレジットカード(デビットカード)の入金 = 入金のキャンセル処理

と言えます。

クレジットカード(デビットカード)による入金手数料

無料

クレジットカード(デビットカード)による入金の着金までの期間

リアルタイム(即時反映)

クレジットカード(デビットカード)による入金の注意点

限度額に注意!

クレジットカードの限度額の範囲内でした入金することはできません。

クレジットカードの限度額って何?あえて下げるのも実はあり!

出金は、入金した金額まで

クレジットカード(デビットカード)で入金した金額までは出金することもできます。

クレジットカード(デビットカード)は、基本的に口座管理の機能はなく、支払い機能のみなのですが、クレジットカード(デビットカード)で支払いした金額を「キャンセル処理」することで、すでに引き落とされているお金を戻すことができるのです。

クレジットカード(デビットカード)の入金 = 入金のキャンセル処理

ですので

  • クレジットカード(デビットカード)で入金した金額までしか出金できない
  • 入金したクレジットカード(デビットカード)と同じカードにしか出金できない
  • クレジットカード(デビットカード)で入金したら、出金方法もクレジットカード(デビットカード)になる

という制限があります。

クレジットカード(デビットカード)による入金のメリット

  • 手数料無料で入金できる
  • リアルタイムで入金できる

クレジットカード(デビットカード)による入金のデメリット

  • クレジットカードの限度額までしか入金できない
  • クレジットカードを持っていない方は利用できない
  • 入金した金額までしか出金できない

bitwalletからの入金

bitwalletからの入金とは

bitwalletは、シンガポールの会社が提供している国際決済サービスです。

bitwalletに口座を開設して、bitwallet口座に入金しておけば、TitanFXの口座へ入金することができます。

海外送金での入金ができないTitanFXでは、非常に重要な役割を持つ入金方法と言えます。

bitwalletからの入金手数料

無料

日本の銀行口座から、bitwallet口座への入金手数料

ご入金額の 0.5%
銀行振込手数料:数百円
中継銀行手数料:数千円
※みずほ銀行の場合

bitwalletからの入金の着金までの期間

リアルタイム(即時反映)

bitwalletからの入金の注意点

bitwallet口座への入金に大きな手数料が発生する!

bitwallet口座から、TitanFX口座への資金移動は無料ですが、bitwallet口座に日本の銀行口座やクレジットカードから入金するときに大きな手数料が発生します。

利用できなくなる可能性がある!

bitwalletは、シンガポールの会社の資金移動業者です。

資金移動業者は、日本人の顧客にサービス提供する場合に日本の金融庁への登録がh必要になりますが、bitwalletは登録していないので、過去のNETELLERのように金融庁の圧力で、日本人顧客の海外FX業者、バイナリーオプション業者、オンラインカジノ業者の利用が停止される可能性があるのです。

利用できなくなるリスクがあると考えておきましょう。

bitwalletからの入金のメリット

  • リアルタイム(即時反映)で入金できる

bitwalletからの入金のデメリット

  • 金融庁の圧力で利用できなくなる可能性がある
  • bitwallet口座へ入金するときに大きな手数料が発生する

TitanFXの入金方法の評判は?

海外送金が利用できないことは、マイナス評価のポイントです。

bitwalletからの入金もできますが、bitwallet口座へ入金するときに大きな手数料が発生するため、利用しにくいのが現状です。

となると

  • クレジットカード(デビットカード)からの入金

がメインとなります。

入金方法の選択肢は少ない海外FX業者なのです。

出金までを考えると

クレジットカード(デビットカード)で入金して

  1. 入金額までは、クレジットカード(デビットカード)で出金
  2. 利益分は、bitwalletで出金

というのが、一番格安かつ迅速に入金できる入金方法となります。

利用するためには

  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX

のクレジットカード(デビットカード)と

  • bitwalletの口座アカウント

が必要です。

TitanFX(タイタンエフエックス)公式サイトはこちら

TitanFXの出金方法の評判!出金手数料、出金までの日数、出金時の注意点。出金方法は何を選ぶべきか?を徹底解説

「TitanFXの出金方法には何があるの?」
「TitanFXの出金方法で選ぶべき方法は何?」・・

TitanFXを利用するのであれば、気になるところは「出金方法」です。今回は、TitanFXの出金方法の評判、、出金手数料、出金までの日数、出金時の注意点。出金方法は何を選ぶべきか?について解説します。

TitanFXの出金方法

TitanFXの出金方法には

  1. クレジットカード(デビットカード)による出金
  2. bitwalletへの出金
  3. NETELLER、Skrillへの出金

の3種類が用意されています。

「あれっ、海外銀行送金による出金はできないの?」

残念ながら、現在、TitanFXでは最もポピュラーな出金方法である「海外銀行送金での出金」ができません。今後、利用できる可能性はありますが、現在はできないので注意が必要です。

クレジットカード(デビットカード)による出金

クレジットカード(デビットカード)による出金とは

クレジットカード(デビットカード)でショッピングするときと同じように、クレジットカード(デビットカード)で出金する方法です。

クレジットカード(デビットカード)は、基本的に口座管理の機能はなく、支払い機能のみなのですが、クレジットカード(デビットカード)で入金した金額までは「キャンセル処理」という形で、すでに引き落とされているお金を戻すことができるのです。

クレジットカード(デビットカード)の出金 = 入金のキャンセル処理

と言えます。

TitanFXで利用できる国際ブランドは

  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX

の3つです。

クレジットカード(デビットカード)による出金手数料

無料

クレジットカード(デビットカード)による出金の着金までの期間

1営業日~4週間

クレジットカード(デビットカード)による出金の注意点

クレジットカード(デビットカード)の出金 = 入金のキャンセル処理

ですので

  • クレジットカード(デビットカード)で入金した金額までしか出金できない
  • 入金したクレジットカード(デビットカード)と同じカードにしか出金できない
  • クレジットカード(デビットカード)で入金したら、出金方法もクレジットカード(デビットカード)になる

という制限があります。

クレジットカード(デビットカード)による出金のメリット

  • 手数料無料で出金できる
  • 最短1営業日で出金できる

クレジットカード(デビットカード)による出金のデメリット

  • 入金した金額までしか出金できない

bitwalletへの出金

bitwalletへの出金とは

bitwalletは、シンガポールの会社が提供している国際決済サービスです。

bitwalletに口座を開設しておけば、TitanFXの口座から出金することができます。

海外送金での出金ができないTitanFXでは、非常に重要な役割を持つ出金方法と言えます。

bitwalletへの出金手数料

無料
※bitwalletから日本の銀行口座に出金するときに824円の手数料が発生する

bitwalletへの出金の着金までの期間

即時反映

bitwalletへの出金の注意点

bitwalletは、シンガポールの会社の資金移動業者です。

資金移動業者は、日本人の顧客にサービス提供する場合に日本の金融庁への登録がh必要になりますが、bitwalletは登録していないので、過去のNETELLERのように金融庁の圧力で、日本人顧客の海外FX業者、バイナリーオプション業者、オンラインカジノ業者の利用が停止される可能性があるのです。

利用できなくなるリスクがあると考えておきましょう。

bitwalletへの出金のメリット

  • 即時反映
  • 手数料格安

bitwalletへの出金のデメリット

  • 金融庁の圧力で利用できなくなる可能性がある

NETELLER、Skrillへの出金

NETELLER、Skrillへの出金とは

NETELLER、Skrillも、bitwalletと同じ国際決済サービスですが、違うのは

NETELLER、Skrillは、海外FX業者、バイナリーオプション業者、オンラインカジノ業者との取引を停止している

ことです。

そのため、NETELLER、Skrillへの出金は、NETELLER、Skrillでの入金した方しか利用できない仕組みになっています。

NETELLER、Skrillへの出金手数料

NETELLER:3.75%
Skrill:3.75%

NETELLER、Skrillへの出金の着金までの期間

1営業日以内

NETELLER、Skrillへの出金の注意点

NETELLER、Skrillへの出金は、NETELLER、Skrillでの入金した場合しか利用できません。現実的な出金方法ではないのです。

NETELLER、Skrillへの出金のメリット

  • とくになし

NETELLER、Skrillへの出金のデメリット

  • 手数料が高い
  • NETELLER、Skrillで入金した金額までしか出金できない

TitanFXの出金方法の評判は?

海外送金が利用できないことは、マイナス評価のポイントです。

bitwalletを使えば、手数料格安で出金できるとはいえ、bitwqalletはいつまで利用できるか、わからないのです。bitwalletが使えなくなった時の出金手段がなくなってしまうことになります。

出金の選択肢という意味では、評判が悪い海外FX業者となります。

TitanFXの出金方法では何を使うべき!

クレジットカード(デビットカード)で入金して

  1. 入金額までは、クレジットカード(デビットカード)で出金
  2. 利益分は、bitwalletで出金

というのが、一番格安かつ迅速に出金できる出金方法となります。

利用するためには

  • VISA
  • Mastercard
  • AMEX

のクレジットカード(デビットカード)と

  • bitwalletの口座アカウント

が必要です。

TitanFX(タイタンエフエックス)公式サイトはこちら

TitanFXの本当のスプレッドとは?リアル口座で実際にTitanFXのスプレッドを計測した結果

「TitanFXのスプレッドは、どのくらい狭いの?」
「TitanFXのスプレッドは、公表されている通りに本当に狭いの?」
・・・

TitanFXが投資家から一定の指示を集めている理由の一つに「スプレッドの狭さ」というものがあります。今回は、TitanFXのスプレッドについて、実際に計測したデータをもとに解説します。

TitanFXのスプレッド

TitanFX自身が公開しているスプレッドの情報では

TitanFXの平均スプレッド

分類 取引通貨ペア スタンダード口座/平均スプレッド ブレード口座/平均スプレッド
FXメジャーペア EURUSD 1.2 pips 0.2 pips
GBPUSD 1.57 pips 0.57 pips
AUDUSD 1.52 pips 0.52 pips
USDJPY 1.33 pips 0.33 pips
USDCHF 1.92 pips 0.92 pips
FXマイナーペア AUDCAD 2.51 pips 1.51 pips
AUDCHF 2.41 pips 1.41 pips
AUDNZD 3.03 pips 2.03 pips
AUDSGD 3.55 pips 2.55 pips
EURAUD 2.75 pips 1.75 pips
EURCHF 2.04 pips 1.04 pip
EURGBP 1.53 pips 0.53 pips
GBPAUD 3.94 pips 2.94 pips
GBPCHF 3.32 pips 2.32 pips
NZDUSD 1.86 pips 0.86 pip
FX JPYペア AUDJPY 2.12 pips 1.12 pips
CADJPY 2.1 pips 1.1 pips
CHFJPY 2.31 pips 1.31 pips
EURJPY 1.74 pips 0.74 pips
GBPJPY 2.45 pips 1.45 pips
NZDJPY 2.62 pips 1.62 pips
ZARJPY 1.44 pips 0.44 pips
  • 平均スプレッドが開示されていて
  • かつ海外FX業者の中では狭いスプレッドが適用されている

という点で、スプレッドは十分に評価できるレベルにあると言えます。

とくにECN口座のブレード口座であれば

取引手数料:3.5ドル(100,000通貨)

ですから、往復のpips換算で0.7pipsです。

つまり、

  • 米ドル/円 → 1.03pips
  • ユーロ/米ドル → 0.90pips
  • ユーロ/円 → 1.44pips
  • ポンド/米ドル → 1.27pips
  • ポンド/円 → 2.15pips

と、スタンダード口座以上にトレードコストが安く設定されているのです。

海外FX業者全体のスプレッド平均は、米ドル/円で1.5pipsほどですので、業界水準よりは、かなりスプレッドの狭い海外FX業者と言えます。

しかい、この自社公表のデータが正しいのか?鵜呑みにするのは危険です。

今回は、筆者が実際にリアル口座を開設し、5分置きにスプレッドを記録したデータになります。

TitanFXのスプレッド計測データ

  • TitanFX → Zeroスタンダード口座(手数料:無料)
  • 5分置きに測定
  • 測定サーバー(お名前ドットコムVPSサーバー)

TitanFXのスプレッド計測データ

行ラベル USDJPY EURUSD EURJPY GBPJPY AUDJPY AUDUSD CADJPY
2017年 1.35 1.23 1.70 2.80 1.80 1.50 2.60
2018年 1.32 1.32 1.79 2.69 1.87 1.54 2.40
第1四半期 1.30 1.34 1.84 2.74 1.89 1.55 2.49
2月 1.31 1.32 1.80 2.59 1.79 1.46 2.44
3月 1.30 1.35 1.87 2.82 1.95 1.59 2.52
第2四半期 1.27 1.26 1.71 2.58 1.78 1.48 2.42
4月 1.29 1.29 1.81 2.77 1.92 1.56 2.53
5月 1.26 1.24 1.67 2.59 1.71 1.43 2.41
6月 1.26 1.26 1.66 2.39 1.72 1.46 2.34
第3四半期 1.32 1.27 1.70 2.49 1.84 1.48 2.28
7月 1.32 1.28 1.71 2.49 1.90 1.49 2.39
8月 1.32 1.27 1.71 2.45 1.79 1.47 2.24
9月 1.32 1.26 1.69 2.52 1.81 1.47 2.21
第4四半期 1.39 1.43 1.94 2.97 1.98 1.66 2.46
10月 1.31 1.28 1.68 2.52 1.77 1.49 2.27
11月 1.40 1.50 2.12 3.09 2.05 1.83 2.53
12月 1.46 1.52 2.02 3.29 2.13 1.66 2.56
2019年 1.32 1.32 1.69 2.76 1.92 1.54 2.37
第1四半期 1.35 1.31 1.71 2.63 1.85 1.50 2.34
1月 1.38 1.36 1.78 2.71 1.92 1.54 2.35
2月 1.31 1.27 1.68 2.53 1.80 1.47 2.27
3月 1.34 1.29 1.65 2.63 1.81 1.49 2.40
第2四半期 1.30 1.32 1.67 2.90 2.00 1.57 2.40
4月 1.37 1.36 1.88 3.42 2.16 1.69 2.60
5月 1.26 1.36 1.58 2.85 2.10 1.55 2.34
6月 1.27 1.24 1.55 2.37 1.71 1.47 2.26
総計 1.32 1.32 1.76 2.71 1.89 1.54 2.39

2年以上稼働させていますが

  • 米ドル/円:1.32pips(TitanFX自社公表データ:1.33pips)
  • ユーロ/米ドル:1.32pips(TitanFX自社公表データ:1.20pips)
  • ユーロ/円:1.76pips(TitanFX自社公表データ:1.74pips)

と、大きな差が見られません。

つまり、

TitanFXのスプレッドは、海外FX業者の業界平均よりも狭い
TitanFXのスプレッドは、信用できるデータ

であることがわかります。

狭いスプレッドの海外FX業者を探している方にも、おすすめできる海外FX業者ということです。

その中でも、取引手数料が安いので、ブレード口座を利用した方がトレードコストが安くなるため、おすすめです。

TitanFX(タイタンエフエックス)公式サイトはこちら